Vpassチケット

演劇・ミュージカル(東日本)

  • 受付終了

三越劇場
[東京]
初夏の新派祭
一、螢 
二、喜劇 お江戸みやげ

公演情報

公演スケジュール・開演時間
公演内容
公演情報
★受付終了いたしました。

☆チケットのお引き取りはコンビニのみとなります!

日時

6/1(土)・3(月)・5(水)・9(日)・14(金)・23(日)11:00、4(火)・13(木)・15(土)・22(土)15:00

会場

三越劇場

出演

波乃久里子 喜多村緑郎 瀬戸摩純 河合雪之丞 渡辺えり 他

※キャストスケジュールはこちら

席種・料金

全席指定 9,500円 → 8,000円

備考

※未就学児童は満4歳よりお一人様につき1枚チケットが必要です。

公演詳細

登場人物たちの葛藤を描いた『螢』
心温まる、笑いあり涙ありの人情物語『お江戸みやげ』
華やかな俳優陣が贈る珠玉の名作舞台の幕開けに、ぜひご期待ください!

演目: 久保田万太郎 作
    成瀬 芳一  演出
    一、螢

    川口松太郎 作
    大場 正昭 演出
    二、喜劇 お江戸みやげ

<あらすじ>
一、螢(ほたる)
浅草鳥越に二人の錺(かざり)職人がいた。実直な榮吉に比べ、兄弟子の重一(喜多村緑郎)は、酒に明け暮れ、女房とき(河合雪之丞)の母親を刃物で傷つけ、刑務所暮らしとなった。このまま夫婦ではいられない――重一の心を汲んだ親方が二人を離縁させ、ときは栄吉と所帯をもった。大正の震災直後、重一は出所、苦労人のよし子(瀬戸摩純)を女房にし、人が変わったように稼業に精を出したが、世話になった親方が亡くなり……。
 昭和二、三年、鳥越神社の祭礼の夕方、榮吉夫婦の住居によし子がいる。心を入れ替えたはずの重一の暮らしがまた狂いだす……。

二、喜劇 お江戸みやげ
 天保初年の春。湯島天神の境内にある芝居茶屋、松ヶ枝。
 常磐津の師匠・文字辰(河合雪之丞)は養女のお紺を金持ちの愛人にしたいのだが、お紺は役者の阪東栄紫(喜多村緑郎)と言い交わした仲であった。文字辰は夫婦になりたければ二十両をよこせと栄紫に迫るが、ふたりにそんな金はない。そこに居合わせたのは結城から呉服の行商に来ていた大らかな性格のおゆう(波乃久里子)と倹約家のお辻(渡辺えり)。江戸のみやげ話にと、栄紫の演じる芝居を見物していたのだ。すっかり栄紫に惚れ込んでしまったお辻は、酒の勢いで大胆な行動に出てしまう……。

ご注意

※チケットのお引き取りは、セブン-イレブンのみとなります。公演日の14日前の15時から、セブン-イレブン店頭レジにてお引き取りください。
※公演中止などにより払い戻しになった場合、お引き取りされた店舗以外では一切手続きができませんのでご注意ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:204182

トピックス